介護施設への出張による鍼灸の施術。介護保険でなく健康保険のケース。

介護施設ではリハビリの一環として

介護保険を使ったマッサージや運動療法

などが行われることがあります。

それとは別に

医療保険を使った

「出張によるマッサージ・鍼灸」

などもありえます。

痛みが強い場合など

医師の許可を得て

介護施設内に出張し施術を行うケースです。

ただ介護保険を使っている場合

医療保険を同時に使えないケースもありえます。

状況によりますので

事前によくご相談してください。

<一例>

お名前:山本洋子さま(仮名)

年齢:85歳

症状:圧迫骨折後の腰痛。

痛みがひどく、寒い日など悪化してしまう。

状況:

現在小金井市内の看護師常駐ホームに

入居中。

かかりつけの内科医に相談し

鍼灸の施術を行うことになった。

週2回施術。

入居しているホームの個室で施術を行う。

施術により痛みの状況はだいぶ改善。