刺さない鍼「ていしん(てい鍼)」、やけどをしないお灸「電子温灸」など。

(写真手前:ローラー鍼 奥:てい鍼)

鍼と針はちがいます。

鍼は注射針のように太くないので

そもそも痛くないのですが

やはり金属の棒を体に入れることに

抵抗感がある方もいらっしゃいます。

鍼にも様々な形が存在します。

上写真のローラー鍼、てい鍼などは

刺さない鍼として知られています。

金属の棒をツボにあてて行きます。

てい鍼は古代から使われてきたもので

その歴史も長いです。

時代ごとに様々な形で登場しますが

古典に記載されたてい鍼について

書いていきます。

「霊枢」管鍼扁第七より

・ 病、脈にあり、気少なく、

当にこれを補うべきものは、

これを取るに井栄分兪にてい鍼す

病が経脈にある時は井栄輸経合の

手足の五兪穴を補って治療する

という意味です。

経脈を整える為の鍼として

紹介されています。

(電子温灸)

電気で温めるタイプのお灸です。

やけどしません。

心地よい暑さを感じます。

・・・上記は一例ですが

刺さない、やけどさせない

といった方法でも

鍼灸は対応できます。

何かあればご相談ください。