生活保護を受けている方に鍼灸治療が向いている理由

生活保護の方は

市役所等に申し出れば

普通の病院と同じように

鍼灸治療を窓口0円で受けることが可能です。

ただ鍼灸院には

生活保護法指定鍼灸院の

登録をしているかどうか?

事前に確認をしたほうがいいでしょう。

医師の同意も必要です。

まずは市役所等の窓口に

相談してみてください。

・・・

生活保護を受けている方に

鍼灸治療が向いている理由を書いていきます。

生活保護を受けている方は

病気を持っている方が多いです。

病気が原因で働けなくなってしまったり

持病が悪化して

働けなくなってしまった方が

多いためです。

自律神経症状に苦しめられている方や

鬱などの症状に悩まされている方も

多く、心療内科などで出されて

薬を数種類服用している方もいます。

鍼灸治療は

シップや痛み止めなどの

薬を使わないで

痛みなどを抑えることができます。

これ以上薬を増やしたくない、

薬に頼りたくないという方や

シップや痛み止めだけでは改善しない

と感じている方にとっては

最適の治療方法だと思います。

腰痛などの痛み症状がある場合

鍼灸は特に有効です。

痛みに対して効果があるという論文は

多数存在します。

*興味がある方は

厚生労働省のサイトからも

論文の一部を閲覧できます。

膝の痛みや腰痛、

五十肩などでお悩みの方は

鍼灸治療も選択肢の一つに入れるとよいでしょう。