「償還払い」の場合、書類作成も無料でサポートします。

健康保険を使って鍼灸治療をする場合

協会けんぽ(旧社会保険)、国民健康保険、

共済などほとんどの場合で

「受領委任払い」が可能です。

鍼灸の施術者が書類を作成し

保険者に施術日の7割を請求する形です。

これは患者さんにとって手間がないので

非常に楽なスタイルです。

ところが

一部健康保険「組合」は

この受領委任払い

に対応しておらず

ご自身で書類を用意し

作成し、請求する必要があります。

この場合のサポートも

可能な限り

お手伝いしますのでご安心ください。

その際、必要なものは以下です。

・ 非保険者が本人の場合

→ ご自身の印鑑と振込される銀行口座

・ 非保険者が家族でご本人の口座に

振込希望の場合

→ 委任状へのサインと印鑑2つ

以上、詳しくはご相談ください。