健康保険を使って鍼灸治療を受けることができる6つの疾患について

鍼灸治療は基本的には

自費治療になりますが

6つの疾患に限っては

医師の同意があれば

健康保険を使って治療が受けることが

認められています。

・ 神経痛

・ 腰痛症

・ リュウマチ

・ 五十肩

・ 頚腕症候群

・ 頚椎捻挫後遺症

上記6疾患です。

また上記に該当しなくても

医師の診断書や同意書があれば

保険診療の施術を認められることも

あるようです。

また注意が必要なのことが

2つありますので

順に解説していきます。

(1)医師の同意がいるということ

患者さん自身の希望で

鍼灸治療を受けたいと思っても

医師の同意が必要になってきます。

病院で医師の同意書をもらってからでないと

健康保険を使った施術は

認められません。

(2)同じ疾患で病院と鍼灸院で保険は使えない

鍼灸で健康保険を使った施術を受けると

病院などでは同じ疾患で

健康保険の使用はできなくなります。

例えば腰痛で整形外科にかかっていた場合は

鍼灸院では同じ腰痛で

保険診療ではかかれません。

・・・

整形外科と鍼灸院で

保険を併用するということはできません。

ですので

整形外科に通院しながら

その病院の医師に鍼灸治療の同意を求める

ということは無理があると思います。

それらの特性を理解したうえで

どちらで健康保険を使うのか?

選択するのが良いでしょう。

わからない場合はこちらから

お気軽にお問い合わせください。